副作用を軽減するには|肺がんのリスクは日常に潜む。肺がんの症状や予防法などの知識

抗がん剤による副作用を軽減するための対策方法

副作用を軽減するには

白衣の人

副作用をなくすことはできない

2017年現在、抗がん剤による副作用を完全に消すことは不可能です。抗がん剤の特性上、どうしても健康な細胞にもダメージが及んでしまうからです。そのため、副作用を防ぐのではなく、どうすれば副作用が出ても対処できるかを考えましょう。

副作用は対処可能

副作用は、日常生活で注意すべきところに注意をしておけば、前もって対処は難しくなく、副作用の症状を軽減することができます。お薬を所持したり、すぐに対処できる場所に待機したりと、普段からの心構えが重要になります。

医者に相談するのが一番

最も良い対処方法は、お医者さんに相談することです。抗がん剤による副作用は、多くの人が悩んでいるため、その対処方法は確立されています。よって、気軽に相談すれば的確なアドバイスを貰うことが出来るのです。

多くの人が悩んでいる副作用の有効な対策方法TOP5

no.1

食事の改善

ダメージを受けた細胞を回復させるためには食事による栄養摂取が最も好ましいです。しかし、味覚障害や食欲不振によって食欲がない場合は多いです。そんな時は、消化に良いものを中心とした料理を摂取することで食べやすくなります。最初は食欲が湧きにくいかもしれませんが、完治のためにも食べましょう。

no.2

漢方薬で体の活性化

がん治療の後は体力が大幅に低下し、免疫力も減少しています。そのため、細胞の回復も長引き、副作用に長く苦しむことになります。それを防ぐためにも、漢方薬で体の体力を回復させ、免疫力を高めていきます。

no.3

薬を処方してもらう

お薬による副作用を薬で軽減することができます。これは主に下痢や吐き気の副作用が出た時に飲むお薬であり、医者に相談すれば処方してもらえます。なお、副作用の症状によって処方されるお薬は違います。

no.4

常に対策が取れる場所にいる

例えば、下痢や腹痛などの副作用が出る場合、お薬を飲んでも便意を止めることができません。そんな場合は、すぐに対策できるような場所にできるだけいることが好ましいです。例えば下痢がひどいならトイレが近くにある場所に、貧血や立ちくらみが発生しやすい場合は座れる場所が近くにあるところに極力待機できるようにしておきましょう。

no.5

かつらを被る

もし、脱毛による副作用が出た場合は、医療用かつらをかぶって暫くの間は脱毛した頭部をカモフラージュできます。女性にとって髪の毛は大事であり、長髪の場合再び生えそろうのには時間がかかるため、かつらで隠すことになります。なお、近年のかつらは質感も本物そっくりであり、バレる心配は殆どありません。