抗がん剤治療の心得|肺がんのリスクは日常に潜む。肺がんの症状や予防法などの知識

抗がん剤の治療における副作用の軽減方法とは何か

がんの三大治療

放射線治療、外科療法、そして薬物療法。この3つがいわゆるがんの三大療法であり、がんを治す際に行なう治療法です。また、近年では免疫治療などの治療法も生まれ、がんは着々と治りやすい病気へとシフトしつつあるのです。

抗がん剤治療の心得

ハートを持つ人

抗がん剤を用いた治療

がんの三大療法の中でも、抗がん剤を用いた薬物療法は多くの人が活用しています。抗がん剤を点滴で流すことにより、抗がん剤ががん細胞を攻撃し、がん細胞を死滅させます。薬物療法は、他の治療と併用することでより高い効果を発揮してくれます。

抗がん剤のメリット

抗がん剤治療のメリットとして、入院する期間が短いことが挙げられます。外科療法や放射線療法はその治療方法の特性上入院期間が長くなりますが、抗がん剤のみの治療の場合、点滴で抗がん剤を摂取させればあとは入院の必要が無い為、出勤をしながらがん治療を受けることができます。

怖いのは、副作用

そんな抗がん剤の中でも有名なのが、副作用です。抗がん剤は健康な細胞も攻撃してしまうため、それが原因で体のあちこちに副作用が起きてしまうのです。細胞はいずれ回復しますが、その回復までの間に体のあちこちで副作用を起こしてしまいます。

有名な副作用

抗がん剤の副作用と聞いて、多くの人が思い浮かべるのが頭髪が抜け落ちることです。これは抗がん剤により毛母細胞がダメージを受けてしまうのが原因とされています。毛母細胞はまた復活しますが、一度脱毛した髪の毛は長ければ長いほどもとに戻るまでの期間が長くなります。他にも吐き気や嘔吐、味覚障害も有名な副作用です。

薬で抗がん剤への悪影響を軽減する

抗がん剤による副作用の中には、他のお薬で軽減できるものもあります。例えば副作用による吐き気や腹痛などは、お薬によって症状を抑えることができます。もし、あなたが抗がん剤治療をするのならお医者さんに副作用のことを相談しましょう。